働くお母さんが安心して健やかな子どもさんを育てるための社会支援サービスです

 病児保育とは

乳幼児及び児童が発熱や下痢、感染症(水痘、おたふく、風邪 他)などの病気にかかり、保護者の方の勤務の都合などで看病できない場合に、実施施設において一時的に預かり、保育看護を行うサービスです。

病児保育 山陽ちびっこ療育園はこんなときにご利用いただけます!

「熱がでた!」、「せきが心配…」、「おなかの調子が悪い…」などなど、小さい子どもさんは体調を崩しやすいもの。

泣く子ども

看病したいんだけど…

「仕事が休めない…」、「結婚式がある…」、「家族が入院中…」で看病することが難しい。

困るお母さん

そんなお困りの際に、病気のお子様を医師の指示のもと、一時的にお預かりするサービスが病児保育です。

看護師

 利用にあたって

発熱・嘔吐・下痢などの症状や、伝染性の病気、慢性的疾患、障害児など担当医が利用可能と判断した乳幼児及び児童がご利用いただけます

※年齢、岡山市内・市外は問いません。(岡山市民の方は岡山市病児・病後児保育事業適用)

[ 詳細は病児保育 山陽ちびっこ療育園を利用するにはをご覧ください ]

当日の受け入れも可能です

開園時間

開園時間
8:30~17:30

土曜日も通常通り開園しております

※日曜、祝祭日、お盆、年末年始はお休みです。

延長保育

保護者の就労等、やむを得ない事情のため保育時間の延長が必要な方は、延長保育の利用が可能です。

別途料金が必要になりますので、詳細は当園までお問い合わせください。

一日の流れ

病児保育一日の流れ

[ 詳細につきましては山陽ちびっこ療育園の一日の流れをご覧ください ]

新着情報

育児支援サークル「くろーばー」のご案内

医療法人 青木内科小児科医院では

  • 子育て
  • 食育
  • 健康

をテーマにした育児支援の活動(育児支援サークル「くろーばー」)をしております。

育児に対する不安を少しでも解消し、お子さまの健やかな成長を支援できればと思っています。

詳しくは育児支援サークル「くろーばー」をご覧ください。

コメントは受け付けていません。

トラックバックURL

http://www.aoki-ainosato.or.jp/byouji/trackback/

PAGE TOP